NIAES 地点別農業気象データ(過去再現~将来予測)(タイ中部)


1. 識別情報

名称 NIAES 地点別農業気象データ(過去再現~将来予測)(タイ中部)
1.0
略称 NIASES agro-meteorological data of Central Thailand
DOI doi:10.20783/DIAS.272
メタデータID JP_NIAES_AgroMet_StationData_Thailand20221122151636-DIAS20221121113753-ja

2. 問合せ先

2.1 データセットに関する問合せ先

名前 南川 和則
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
住所 日本, 305-8604, 茨城県, つくば市, 観音台 3-1-3
電話番号 +81-29-838-8234
ファクシミリ番号 +81-29-838-8199
電子メールアドレス minakazu@affrc.go.jp
名前 飯泉 仁之直
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
住所 日本, 305-8604, 茨城県, つくば市, 観音台 3-1-3
電話番号 +81-29-838-8235
ファクシミリ番号 +81-29-838-8199
電子メールアドレス iizumit@affrc.go.jp

2.2 プロジェクトに関する問合せ先

2.2.1 データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

3. ドキュメント作成者

名前 南川 和則
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
電子メールアドレス minakazu@affrc.go.jp
名前 飯泉 仁之直
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
電子メールアドレス iizumit@affrc.go.jp

4. データ作成者

名前 南川 和則
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
電子メールアドレス minakazu@affrc.go.jp
名前 飯泉 仁之直
組織名 国立研究開発法人農業環境技術研究所
電子メールアドレス iizumit@affrc.go.jp

5. ドキュメント作成年月日

2022-11-22

6. データ作成年月日

  • creation : 2016-03-01

7. データセット概要

7.1 序論

内容:地点別農業気象データ(タイ中部の4地点、日別値)

地点:Chai Nat、Suphan Buri、Bang Na、Ratchaburi

期間:1981年~2005(過去再現値)、2006~2060年(将来予測値)

気象要素:日最高気温(°C)、日最低気温(°C)、降水量(cm/d)、日射量(MJ/m^2/d)

ファイル形式

1行目:地点名、年、大気CO2濃度(ppmv)

2行目以降:年間通算日(閏年を含む)、日最低気温、日最高気温、降水量、日射量

方法

データは7つの全球気候モデルと4つの代表濃度経路シナリオからダウンスケーリング手法によって作成した。用いた全球気候モデルは、GFDL-ESM2M、HadGEM2-ES、IPSL-CM5A-LR、MIROC5、MIROC-ESM-CHEM、MRI-CGCM3、NorESM1-Mである。

7.2 トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

7.3 時間情報

開始日 1981-01-01
終了日 2060-12-31
時間分解能 Daily

7.4 地理的範囲

北限緯度 15.20
西限経度 99.80
東限経度 100.62
南限緯度 13.49

7.5 グリッド

7.6 地理情報を識別する名称

7.7 キーワード

7.7.1 データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Surface Air Temperature, Surface Radiation Budget, Precipitation GEO_COP

7.7.2 プロジェクトに関連するキーワード

7.7.2.1 データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

7.8 データセットに関するオンライン情報

7.9 データ周辺情報

7.10 データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
Plain text format 1.0 データの並びは概要・要約の項に記載されている。

8. 系譜情報

9. 品質等

10. 利用規約

10.1 データ提供者によるデータ利用規約

10.2 プロジェクトによるデータ利用規約

10.2.1 データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/terms/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

11. ライセンス

12. 謝辞の記載方法

12.1 データ提供者の指定による謝辞の記載方法

データを利用した結果報告書・論文等へ掲載する場合は、以下の文献を引用して 下さい 。

気候変化シナリオの日最低気温、日最高気温、降水量のいずれかを使用した場合は[1]、[2]、[3]を引用してください。気候変化シナリオの日射量データを使用した場合はさらに[4]を引用してください。

[1] Iizumi, T. M. Nishimori, Y. Ishigooka, and M. Yokozawa, 2010: Introduction to climate change scenario derived by statistical downscaling. Journal of Agricultural Meteorology, 66, 131-143 (in Japanese with English Abstract).

[2] Iizumi, T., M. Nishimori, K. Dairaku, S. A. Adachi, and M. Yokozawa, 2011: Evaluation and intercomparison of downscaled daily precipitation indices over Japan in present-day climate: Strengths and weaknesses of dynamical and bias-correction-type statistical downscaling methods. Journal of Geophysical Research, 116, D01111, doi:10.1029/2010JD014513.

[3] Iizumi, T., I. Takayabu, K. Dairaku, H. Kusaka, M. Nishimori, G. Sakurai, N. N. Ishizaki, S. A. Adachi, and M. A. Semenov, 2012: Future change of daily precipitation indices in Japan: A stochastic weather generator-based bootstrap approach to provide probabilistic climate information. Journal of Geophysical Research, 117, D11114, doi:10.1029/2011JD017197.

[4] Iizumi, T., M. Okada, and M. Yokozawa (2014) A meteorological forcing dataset for global crop modeling: development, evaluation, and intercomparison. Journal of Geophysical Research-Atmospheres, 119, 363-384.

12.2 プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

12.2.1 データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”

13. 参考文献

[1] Iizumi, T. M. Nishimori, Y. Ishigooka, and M. Yokozawa, 2010: Introduction to climate change scenario derived by statistical downscaling. Journal of Agricultural Meteorology, 66, 131-143 (in Japanese with English Abstract).

[2] Iizumi, T., M. Nishimori, K. Dairaku, S. A. Adachi, and M. Yokozawa, 2011: Evaluation and intercomparison of downscaled daily precipitation indices over Japan in present-day climate: Strengths and weaknesses of dynamical and bias-correction-type statistical downscaling methods. Journal of Geophysical Research, 116, D01111, doi:10.1029/2010JD014513.

[3] Iizumi, T., I. Takayabu, K. Dairaku, H. Kusaka, M. Nishimori, G. Sakurai, N. N. Ishizaki, S. A. Adachi, and M. A. Semenov, 2012: Future change of daily precipitation indices in Japan: A stochastic weather generator-based bootstrap approach to provide probabilistic climate information. Journal of Geophysical Research, 117, D11114, doi:10.1029/2011JD017197.

[4] Iizumi, T., M. Okada, and M. Yokozawa (2014) A meteorological forcing dataset for global crop modeling: development, evaluation, and intercomparison. Journal of Geophysical Research-Atmospheres, 119, 363-384.

Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan