気象庁温室効果ガス観測資料


1. 識別情報

名称 気象庁温室効果ガス観測資料
メタデータID JMA000220181214133207-ja

2. 問い合わせ先

2.1 データセットに関する問い合わせ先

名前 海洋気象課
組織名 気象庁地球環境・海洋部海洋気象課
住所 日本, 100-8122, 東京都, 千代田区, 大手町1-3-4
電話番号 +81-3-3212-8341
電子メールアドレス seadata@climar.kishou.go.jp

2.2 プロジェクトに関する問い合わせ先

3. ドキュメント作成者

名前 海洋気象課
組織名 気象庁地球環境・海洋部海洋気象課
電子メールアドレス seadata@climar.kishou.go.jp

4. データ作成者

名前 海洋気象課
組織名 気象庁地球環境・海洋部海洋気象課
電子メールアドレス seadata@climar.kishou.go.jp

5. ドキュメント作成年月日

2018-12-14

6. データ作成年月日

  • creation : 1990-03-31

7. データセット概要

7.1 序論

気象庁の観測船を使用して行った海洋及び海上大気中の二酸化炭素及び他の温室効果ガスの測定

7.2 トピックカテゴリ(ISO19139)

  • oceans

7.3 時間情報

開始日 1988-11-01
終了日 継続中

7.4 地理的範囲

北限緯度 50
西限経度 120
東限経度 170
南限緯度 -20

7.5 グリッド

7.6 地理情報を識別する名称

7.7 キーワード

7.7.1 データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Climate, Water GEOSS
theme In Situ Ocean-based Platforms > SHIPS GCMD_platform
theme Oceans > Ocean Chemistry > Carbon Dioxide, Oceans > Ocean Chemistry > Trace Elements GCMD_science

7.7.2 プロジェクトに関連するキーワード

7.8 データセットに関するオンライン情報

7.9 データ周辺情報

7.10 データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
独自フォーマット

8. 系譜情報

8.1 データ処理 (1)

8.1.1 データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

観測手法は、データベース内の各観測項目の「Parameter Metadata」をご覧ください。

8.1.2 元データの情報

データ起源の引用名 加工するデータ起源の説明

9. 品質等

10. データセット利用制約条項

10.1 データ提供者による利用規約

データの利用にあたっては、いかなる場合でもデータ提供者もしくはデータ所有者と連絡をとり、共著などの申し入れの必要があります。データが出版物に使われる場合は、データ提供者かデータ所有者と世界資料センターの承諾を得て下さい。

10.2 プロジェクトデータ利用規約

10.3 プロジェクト免責事項

11 データ引用文

11.1 データ提供者データ引用規約

11.2 プロジェクトデータ引用規約

12. 参考文献

Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan