東南アジア機能形質地図(葉のリグニン濃度)


1. 識別情報

名称 東南アジア機能形質地図(葉のリグニン濃度)
メタデータID GRENE_ei_EcoBiodiv_TraitMap_SE_Asia_Leaf_Lignin20181216224629-ja

2. 問い合わせ先

2.1 データセットに関する問い合わせ先

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
電子メールアドレス mogu@biology.tohoku.ac.jp
名前 中静 透
組織名 東北大学
電子メールアドレス toron@m.tohoku.ac.jp

2.2 プロジェクトに関する問い合わせ先

3. ドキュメント作成者

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
電子メールアドレス mogu@biology.tohoku.ac.jp

4. データ作成者

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
名前 中静 透
組織名 東北大学
名前 黒川 紘子
組織名 森林総合研究所
名前 饗庭 正寛
組織名 東北大学

5. ドキュメント作成年月日

2018-12-16

6. データ作成年月日

  • creation : 2016-03-01

7. データセット概要

7.1 序論

東南アジアの葉のリグニン濃度地図。データの提供や利用条件などの詳細はメールでお問い合わせ下さい。

7.2 トピックカテゴリ(ISO19139)

  • environment

  • biota

7.3 時間情報

開始日 1998-04-01
終了日 2000-03-31
時間分解能 The duration of satellite images which used for creation of original vegetation map were acquired

7.4 地理的範囲

北限緯度 29.659077285
西限経度 87.682992715
東限経度 155.004410515
南限緯度 -12.109773175

7.5 グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
row 42 4678 (deg)
column 67 7540 (deg)

7.6 地理情報を識別する名称

7.7 キーワード

7.7.1 データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Ecosystems, Biodiversity GEOSS
theme Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Forests, Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Alpine/Tundra, Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Montane Habitats, Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Shrubland/Scrub, Biosphere > Ecological Dynamics > Community Dynamics > Biodiversity Functions, Land Surface > Land Use/Land Cover > Land Resources, Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Wetlands > Peatlands, Biosphere > Terrestrial Ecosystems > Wetlands > Swamps GCMD_science
theme BIOGEOSCIENCES > Ecosystems, structure and dynamics, BIOGEOSCIENCES > Biodiversity AGU
theme Biodiversity, Ecosystem Function/Dynamics GEO_COP
place Asia > Eastern Asia > Japan Country
discipline Leaf lignin concentration No_Dictionary

7.7.2 プロジェクトに関連するキーワード

7.8 データセットに関するオンライン情報

7.9 データ周辺情報

数値0は海水面/水面/植生図なしのピクセルを表す。 -1.7e+308はNoDataを表す。

7.10 データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
TIFF 6.0 GeoTIFF

8. 系譜情報

8.1 データ処理 (1)

8.1.1 データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

東南アジアの大陸と島嶼の2つの植生図(Stibig et al. 2002; Stibig and Beuchle 2003)を結合し、東南アジア全体の植生図を作成した。そして、気候データ(WorldClim, Hijmans et al. 2002)と土壌データ(Harmonized World Soil Database, FAO/IIASA/ISRIC/ISSCAS/JRC, 2012)を用いて、この植生図の二次的植生の元の森林タイプがどのような森林だったかを推定し、新しい植生図を作成した。この植生図に野外調査・室内実験で得られた森林タイプごとの葉のリグニン濃度(log10(重量%))の値を割り当て、地図を作成した。

8.1.2 元データの情報

データ起源の引用名 加工するデータ起源の説明

Stibig, Beuchle, and Janvier (2002) Forest cover map of insular southeast Asia at 1:5 500 000 derived from SPOT-VEGETATION satellite images. TREES Publication Series D: Thematic outputs n°3.

Stibig and Beuchle (2003) Forest cover map of continental southeast Asia at 1:4 000 000 derived from SPOT4-VEGETATION satellite images. TREES Publication Series D: Thematic outputs n°4.

Hijmans, R.J., S.E. Cameron, J.L. Parra, P.G. Jones and A. Jarvis, 2005. Very high resolution interpolated climate surfaces for global land areas. International Journal of Climatology 25: 1965-1978. 

FAO/IIASA/ISRIC/ISSCAS/JRC, 2012. Harmonized World Soil Database (version 1.2). FAO, Rome, Italy and IIASA, Laxenburg, Austria.

9. 品質等

10. データセット利用制約条項

10.1 データ提供者による利用規約

10.2 プロジェクトデータ利用規約

10.3 プロジェクト免責事項

11 データ引用文

11.1 データ提供者データ引用規約

11.2 プロジェクトデータ引用規約

12. 参考文献

Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan