AMY Project CTCZ-Pilot dataset


1. 識別情報

名称 AMY Project CTCZ-Pilot dataset
メタデータID AMY_CTCZ_Pilot_dataset20210525114054-AMY20130909130838-DIAS20210525095249-ja

2. 問合せ先

2.1 データセットに関する問合せ先

名前 G. S> Bhat
組織名 Indian Institute of Science Bangalore India
電話番号 +918022933071
ファクシミリ番号 +918023600865
電子メールアドレス bhat@caos.iisc.ernet.in

2.2 プロジェクトに関する問合せ先

2.2.1 アジアモンスーン年プロジェクト

名前 松本 淳
組織名 首都大学東京大学院地理環境科学域
住所 日本, 192-0397, 東京都, 八王子市, 南大沢1-1
電話番号 042-677-2596
ファクシミリ番号 042-677-2596
電子メールアドレス jun@center.tmu.ac.jp

2.2.2 データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

3. ドキュメント作成者

名前 G. S> Bhat
組織名 Indian Institute of Science Bangalore India
電子メールアドレス bhat@caos.iisc.ernet.in

4. データ作成者

名前 G. S> Bhat
組織名 Indian Institute of Science Bangalore India
電子メールアドレス bhat@caos.iisc.ernet.in

5. ドキュメント作成年月日

2021-05-25

6. データ作成年月日

  • revision : 2014-03-05

7. データセット概要

7.1 序論

This data set contains radiosonde data collected over the Bay of Bengal from Indian research ship ORV Sagar Kanya during July-August 2009. This cruise was conducted as part of India's CTCZ Programme. Vaisala RS90 GPS radiosondes were used. Owing to problem with Vaisala receiver program, wind data was not available initially, which was set right after Vaisala provided an update.

7.2 トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

7.3 時間情報

開始日 2009-07-19
終了日 2009-08-15
時間分解能 Mostly 12 hourly, but on few days more frequently and daily on others.

7.4 地理的範囲

北限緯度 21N
西限経度 85E
東限経度 91E
南限緯度 11N

7.5 グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
vertical upto 25 km 5 (hPa)

7.6 地理情報を識別する名称

Bay of Bengal

7.7 キーワード

7.7.1 データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
programme name CTCZ upper air data

7.7.2 プロジェクトに関連するキーワード

7.7.2.1 アジアモンスーン年プロジェクト
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
place Asia Country
7.7.2.2 データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

7.8 データセットに関するオンライン情報

7.9 データ周辺情報

7.10 データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
txt 1.0

8. 系譜情報

8.1 データ処理 (1)

8.1.1 データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

Followed the standard radiosonde launch procedure. Before each launch, radiosonde temperature and humidity were compared with a reference sensor (Rotronics make) and difference corrected.

Original data received at 2 s interval are interpolated at 5 hPa intervals.

8.1.2 元データの情報

データ起源の引用名 加工するデータ起源の説明

9. 品質等

Temperature and humidity data are as per Vaisala specifications. At surface radiosonde and AWS data have been intercompared and agreement is good. Balloon travels in the ship wake initially and then moves away. So, wind data below 50 m may not be very reliable owing to disturbace to flow by the ship structure.

10. 利用規約

10.1 データ提供者によるデータ利用規約

This data can be used for research purposes only.

10.2 プロジェクトによるデータ利用規約

10.2.1 アジアモンスーン年プロジェクト

1. No financial implications are involved for the AMY data exchange.

2. Commercial use and exploitation of AMY data is prohibited.

3. Any re-export or transfer of the original data received from the CDA archive to a third party is prohibited.

4. The origin of AMY data being used for publication of scientific results must be acknowledged and referenced in the publication.

5. AMY data users are strongly encouraged to establish direct contact with data providers for complete interpretation and analysis of data for publication purposes.

6. Co-authorship of data users and AMY Projects’ Principle Investigators on papers making extensive use of AMY data is justifiable and highly recommended.

 

 Whenever AMY data distributed by CDA are being used for publication of scientific results, the author(s) shall sent a copy of the respective publication, preferably in electronic form, to the CDA in order to build up a AMY publication library. CDA will maintain this library and will it make public, for example via CDA's web site, for a continuous monitoring of the AMY data applications and AMY's achievements in general.

10.2.2 データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/policy/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacypolicy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

11. ライセンス

12. 謝辞の記載方法

12.1 データ提供者の指定による謝辞の記載方法

In the acknowledgement following needs to be stated. "This data was collected as part of the CTCZ programme supported by the Department of Science and Technlogy and Ministry of Earth Sciences, Govt. India."

12.2 プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

12.2.1 アジアモンスーン年プロジェクト

Whenever AMY data distributed by the CDA are being used for publication of scientific results, the data's origin must be acknowledged and referenced. A minimum requirement is to reference AMY and the CDA. If only data from one observation site (or a limited number of observation sites) has been used, additional acknowledgement to the observation site(s) and its (their) maintaining institutions or organizations shall be given.

Maintaining continuous, high-quality measurements, performing quality and error checking procedures, and submitting data and related documentation to the CDA will require substantial financial and logistical efforts of the data providers. The necessary support for these observation site activities originate from a variety of international, national and institutional sources. The CDA shall make proper reference to all AMY data providers and, if required, to their funding sources.

12.2.2 データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”

13. 参考文献

Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan